プロペシアとは

今AGA治療薬として一番メジャーな存在こそ、プロペシアではないでしょうか。実際に、多くの人たちがプロペシアを使用してAGA改善に成功していると言われています。
ここではプロペシアの価格、効果、副作用について解説していきます。

プロペシアの価格

AGA治療って長く続ける必要があります。プロペシアが効果的というものの一体どの程度価格がかかってしまうものなのでしょうか。
AGA治療って、保険も適用されないからなかなか価格対策が大変なのは事実です。

クリニックや皮膚科でAGA治療を行う場合、少なく見積もったとしても、初診の診察料がかかり、薬剤価格として、28錠の4週間分で12,000円程度の価格・費用を考えておく必要があります。
更に、薬をもらう度再診が必要であり、その診察料が2,000円前後かかってしまうことになります。

ただし、毎月の価格・コストを出来るだけ抑えたいという人たちのため、ジェネリック医薬品という方法もあります。プロペシアと同一成分であり、価格の安いフィナステリド製剤に切り替えれば良いのです。

プロペシアの効果

プロペシアには一体どのような効果が期待出来るのでしょうか。主成分は、フィナステリドです。
AGAの原因として男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンについて考えることが出来ますが、このフィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を阻害することによって脱毛を抑え、毛髪の再生につなげてくれます。
プロペシアを使用して、すぐに毛が生えてくるものと期待している人たちもいらっしゃるようです。

AGA治療薬とは決してそのようなものではありません。プロペシアの場合、数ヶ月待てば効果が期待出来る人たちもいるようです。
しかし、おおかたの人たちは、半年以上は最低でも効果を待つ必要がありますし、プロペシアで効果が期待出来ない人たちもいます。
プロペシアと言えども完全なAGA治療薬ではありません。プロペシアに期待しすぎというのもちょっと問題はありそうです。

プロペシアの副作用

そしてAGA治療薬の効果と同時に考えていかなければならないのは、副作用についてです。現在、同時にプロペシアについていろいろな副作用の問題も指摘されているのです。
頭痛や腹痛、下痢や眠気と言ったものから、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用まで指摘されています。男性の人たちは、性機能障害=男性機能の低下の問題まで懸念しなければならないようです。

みなさんはAGA治療薬でAGAが改善するのかもしれませんが、AGA治療薬でインポテンツになってしまうリスクを背負っているようです。
今海外でもようやくAGA治療薬の副作用の事実が判明し、訴訟など起こす人たちが増えてきたとも言われています。AGA治療薬の副作用が判明するまでこのように時間がかかるものです。
日本人もそろそろ真剣にプロペシア・AGA治療薬の副作用について考えていかなければならない時期なのかもしれません。

ページの先頭へ