ミノキシジルとは

AGA治療薬と言えば、ミノキシジルとか、フィナステリドとかいろいろ賛否が起こりそうですが、そもそもミノキシジルとフィナステリドは違うものです。有効成分としてフィナステリドが配合された、服用するタイプの育毛剤がプロペシアです。
AGAを発症する最大の原因とも言われている男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してくれることに貢献をしてくれます。

一方では、AGA治療薬としてミノキシジルがあり、頭皮の血流を高めることで、毛根に栄養を行き届かせて、毛髪の再生を促していきます。
同じ、厚生労働所・FDA(米国食品医薬品局)など、多くの国々でも認可を受けている信頼性の高いAGA治療薬としてとらえることが出来ますが、プロペシア・フィナステリドでは、原因となるホルモンDHTを絶つことをして、ミノキシジルによって、頭皮を活性化して発毛へと導くイメージであり、併用することで、より効果を期待することが出来ます。

ここではミノキシジルの価格、効果、副作用について解説していきます。

ミノキシジルの価格

AGA治療薬として名高いミノキシジルは一体どの程度の価格で購入することが出来るのでしょうか。クリニックに行ったとき、ミノキシジルの価格は高いというイメージを持つ人たちも決して少なくはありません。比較的良心的価格であっても、1万超えの10,900円というのは当たり前の価格のようです。
しかし、実際に薄毛治療をすることが出来るのなら安い価格と評価出来るのではないでしょうか。

つまり、今までAGA治療薬というものの、高価格であまりにも、効果が期待出来なかったものが多すぎていた実情もあります。AGA治療薬ミノキシジルを現在、個人輸入ならもう少し価格も安く購入出来るかもしれません。
ただし価格が安いといえどニセモノや含有量が違うものが届くなど、トラブルが多いのも実情なので、しっかり調査をして購入するようにしてください。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルにはどのような効果を期待することが出来るのでしょうか。
AGA治療薬とは、ミノキシジルは確か副作用の心配も露呈しているものの、やっぱり副作用があるからこそ、効果もしっかり期待出来るAGA治療薬としてとらえることが出来ます。
つまり効果のある医薬品には副作用があるということなのです。

ミノキシジルはもともとは、高血圧の薬として開発されました。そして、とても効果があり、患者さんの血圧を下げてきたのですが、同時に患者さんを副作用として多毛症にして行ったのです。
ただし、外用薬の場合では、皮膚吸収でなあるために効果発生が起きにくいというデメリットがあり、そこで登場したのが、内服タイプのAGA治療薬ミノキシジルです。

ミノキシジルの副作用

内服タイプのAGA治療薬ミノキシジルの方が全然効果的と言われています。
しかし、同時により以上私達は深刻にミノキシジルの副作用について考えていかなければなりません。ミノキシジルはかつて血圧降下剤という心臓や血管系の医薬品であるゆえ、フィナステリド以上副作用について配慮する必要があると言われています。
低血圧症の場合めまい等が発生する可能性がありますし、心臓既往症(狭心症)を持つ場合は使用してはならないAGA治療薬と言われています。

ページの先頭へ