アボダートとは

アボダートも、AGA治療薬として最近結構名が知れています。しかし、実際にまだ日本では認可がおりてないというのが現状なのではないでしょうか。
かなり、AGA治療薬としての効果は高いと期待されているのですが。ここではアボダートの価格、効果、副作用について解説していきます。

アボダートの価格

アボダートはどの程度の価格なのでしょうか。やっぱりAGA治療薬は価格が高いと私達は、長く使用することが出来ません。
実際に、デュタステリドが、AGA治療薬として認可されて訳ですが、アボダートという形ではなく、ザガーロカプセルと言う形で承認されたようです。

ここでアボダートの方は、価格破壊を起こし個人輸入で購入する場合、以前より全然お手ごろ価格で購入することが出来るようになったようです。ザガーロカプセルの方が、日本人の人たちが入手まで逆に時間がかかってしまうようです。
アボダートの価格なら以前は、5800円だったのが、3500円レベルの価格で購入出来るようになったのです。

アボダートの効果

そもそもとはなんなのでしょうか。日本人のAGAの方々はまだアボダートの実態を知らないという人たちもいらっしゃるようです。
アボダートとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって発見された「デュタステリド」を有効成分とする効果の高いAGA治療薬です。

「デュタステリド」は、5αリダクターゼの活動阻害によってAGAに積極的に働きかけてくれます。デュタステリドは本来、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものなのです。副作用として、AGA治療薬としても効果表すのに有効的であることが発見されたのです。
前立腺肥大症の治療薬としては、アボルブという名前で販売されているものなのですが、AGA治療薬として日本ではまだ発進したばかりの現状です。
まだまだ日本人にはAGA治療に効果が高いのはプロペシアという認識ですが、認可され、すぐに事態は急変するはずです。AGA治療約としてアボダートの効果は高くプロペシアを凌ぐかもしれません。
既に、2015年9月28日アボダートが正式にAGA治療薬として認可されたのです。

今後、日本においても、プロペシアよりも効果があるのはアボダートという時代が間違いなく来るはずです。5αリダクターゼに直接作用してその活動を阻害するのが、です。
プロペシアでなかなかAGAが改善しない場合でも、デュタステリドで効果が期待出来たケースがいくつもあるようです。

アボダートの副作用

AGA治療薬に対して、私達は同時に副作用について懸念をしなければなりません。アボダートの場合どうなのでしょうか。
AGA治療薬の副作用として、勃起不全、リビドー減退・性欲減退、乳房痛と言った副作用の問題が指摘されているようです。
副作用については3%程度と低いことは低いですが、起こる可能性は事実であり、私達は、慎重にAGA治療薬と向き合っていく必要があります。更に、このAGA治療薬ではアレルギー反応、発疹、血管浮腫、抑うつ気分、味覚異常、精巣痛、精巣腫瘍、下痢などの副作用も起こる可能性があります。

ページの先頭へ