AGAの治療薬

AGAにはどのような治療薬があるかここで紹介をしていきます。男性型脱毛症(androgenetic alopecia)の症状を予防・改善するための医薬品です。
AGA治療薬はDHTを生み出す還元酵素のはたらきを阻害したり、薄毛の原因となる血行不良を改善したりする成分が配合されていたりします。

AGA治療薬プロペシア

既に多くの人たちが知っているAGA治療薬は、プロペシアです。日本では以前、プロペシアの認可がおりていなかったのですが、2005年10月に厚生労働省の認可を受けて、万有製薬が販売することをスタートします。
日本で初めて製造・販売が認可されたフィナステリド錠、それがプロペシアなのです。

>AGA治療薬プロペシアついてもっと詳しく読んでみる

AGA治療薬アボダートについて

アボダートも現在AGAに効果的な治療薬と言われています。前立腺肥大症の治療薬として開発され、現在、プロペシア同様、かなり評価されている治療薬です。
AGA対策に効果が期待出来るのは、フィナステリド、ミノキシジルだけではありません。デュタステリドという成分も、プロペシア以上に効果的ではないかと期待されています。

「5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型があります。プロペシアが実際にAGAに効果的と言われているものの、Ⅱ型しか抑える力を持っていないのが実情のようです。デュタステリドなら、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑制することが出来てしまうのです。
しかし、デュタステリドは、使用し続けると、効果が段々と薄くなるデメリットもあると言われています。フィナステリド、ミノキシジルを使用している人たちが、デュタステリドに切り替えたりしているようです。

>AGA治療薬アボダートついてもっと詳しく読んでみる

AGA治療薬ミノキシジル成分の内服薬について

多くの人たちが既に知っているAGA治療薬と言えばこのミノキシジルではないでしょうか。もともと高血圧の治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として、毛が生える症状が発見され、現在、AGA治療薬として一般的に使用されるようになったのです。
一時的に血管を拡張させ、血液の流れが良くなることで、増毛効果を期待することが出来ます。
しかし、ミノキシジルは、既にAGAが進行して毛のない状態では、効果を期待することが出来ません。

>AGA治療薬ミノキシジル成分の内服薬についてもっと詳しく読んでみる

その他AGA治療薬について

AGA治療は長く続くものです。なので私達は、価格の心配も当然しなければなりませんが、コストがかかってしまうのが、やっぱりプロペシア、ロゲインなど、公式治療薬なのです。

AGAは自由診療にあたるため健康保険の適用外だから、そうとうの出費も覚悟しなければなりません。一方では低コストて賢く治療を続けたいという人たちには、ジェネリック医薬品があります。
プロペシア(フィナステリド含有)、ロゲイン(ミノキシジル含有)が公式治療薬であるのに対して、フィンペシア、エフぺシア、フィナロなどがジェネリック医薬品です。
現在個人輸入でかなり安いAGA治療薬も購入出来てしまうことにはちょっと注意をしなければなりません。

>その他AGA治療薬についてもっと詳しく読んでみる

ページの先頭へ