AGAの予防法や対策法

AGAで悩んでいる人たちも最近では大変多くいらっしゃるようです。しかし、私達はAGAになる以前、AGAの予防、更に対策が出来るものなのでしょうか。
AGAには「テストステロン」が深く関係しています。テストステロンなら男性全員がもっているはずです。
ただし、「5α-リダクターゼ」の活性が高い人が、脱毛の原因物質である「DHT」に代謝される可能性が高いということになります。

AGの予防と対策を考える

自分が薄毛の時、AGAかしっかり把握することが一番最初のステップです。MSD(旧:万有製薬)の簡単セルフチェック、遺伝子検査キッドなどがありますので、そのようなものを使用してチェックしてみるのも方法です。

MSDの簡易セルフチェックの場合、AGAの9つの特徴についての各項目にYESかNOで答えるだけなのでとても簡単です。二分程度で、チェックは終了することが出来ます。
遺伝子検査キットは、AGAドックにおいて遺伝子を調べ、AGAが発症するリスク、更にAGA治療薬のフィナステリドを使用したときの効果を予測してくれます。両頬の内側の粘膜を送るだけでこちらも簡単です。
ただし、価格は、12600円と少々高めではあります。

AGAの予防と対策に育毛剤を利用する

5α-リダクターゼの働きを阻害して、DHTへの変化を抑制してくれる育毛剤を是非、予防・対策に利用してみましょう。
チャップアップ「CHAPUP」も現在ではとても評判のいい育毛剤です。育毛成分M-034や、血流を促進して育毛に高い効果が期待できるセンブリエキスをはじめ、業界最大級50種類の育毛成分が髪の毛にいい効果をもたらしてくれます。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)もとても注目されている育毛剤です。育毛成分「M-034」があなたの髪の毛に働きかけてくれます。これは厚生労働省認可の育毛剤です。
頭頂部専用育毛剤「MSTT1」、育毛剤ミスト「M-1」、など他にもいろいろおすすめ出来る育毛剤があります。まずは、AGA予防・対策をこのような副作用の心配がさほど要らないものよりスタートしてみましょう。

AGAの予防と対策に食生活を考える

育毛剤に頼るだけではAGAが解決するために結構時間がかかります。そのとき食生活もしっかり注目する必要があり、必須ミネラルの1つである「亜鉛」などを積極的に摂取してみましょう。

AGAの予防と対策に内服・外用療法を使う

プロペシア、フィンペシアなどフィナステリや、ミノキシジルがとてもAGA治療薬として効果的と言われていますが、同時にAGA治療薬には副作用の問題の懸念材料もあります。AGA治療薬は、現在個人輸入でも購入が可能ですが、出来れば医師の診察のもと、使用することをおすすめします。

ページの先頭へ