AGAの原因は何なのか?

私達は、AGAを回避するために、AGAの原因についてしっかり知る必要があります。AGAに悩んでいる人たちは、全国で1,260万人と言われています。
遺伝がAGAの原因と思っている人たちも結構多くいらっしゃるようです。遺伝も理由の一つですが、AGAは遺伝材料だけで起こるものではないのです。

AGAの原因は男性ホルモンの影響

AGAになる原因として男性ホルモンがAGAに影響を多く受けると言う事です。AGAの原因となる男性ホルモン(テストステロン)に注目してみましょう。
テストステロンは5αリダクターゼという変換酵素の影響を受けて、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されてしまうのです。
ジヒドロテストステロンというホルモンが、毛乳頭細胞にある受容体に結合して、毛の発毛が抑制されてしまうことになります。

AGAの原因である男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)は、胎児期と思春期以降で違う働きをすると言います。胎児の時期、胎児の外性器の正常な分化という大事な役割を担っているのです。
しかし、思春期を過ぎた頃には、AGAや更にニキビ、前立腺肥大など、いろいろ悪い症状を引き起こしてしまうことになります。

AGAの原因である遺伝について

そして、遺伝もAGAの原因の一つではあります。昔の人たちは、AGAは遺伝といい鼻からあきらめていた傾向があったようです。
実際に、どの遺伝子が、原因で遺伝するということがはっきりと判っていた訳ではありませんでしたが、現在では、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことが段々と判ってきたのです。

遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではということまでが、判ってきたのです。
男性はXとYの二つの染色体を持っており、X染色体は母親から受け継ぎ、母親の祖父がAGAだけ遺伝する可能性が高いということまでが指摘されるようになって来ました。

AGAの原因はストレスからも

そして、他のAGAの原因としてストレスを考えることが出来ます。ストレスを受ければ、自律神経のバランスを崩すことになり、結果、血液の流れが悪くなってしまい、毛まで栄養が行かなくなってしまいAGAの原因となるのです。

更に、現代社会の人たちは、生活習慣が乱れているから、AGAになりやすいとも言われています。スマートフォンに熱中して良い睡眠が取れなかったり、食事のバランスが悪かったりすることで、毛に対して悪影響をもたらすことになります。

ページの先頭へ