AGAの基礎知識

最近とても頻繁に耳にするAGAとはなんなのでしょうか。AGA(エージーエー)、それは、正式名称Androgenetic Alopeciaであり、男性型脱毛症がそれです。

男性たちの薄毛のほとんどが、AGAとも言われています。AGAが起こり、通常の髪の毛のサイクルが乱れて、どんどん薄毛が進行して行くことになります。

AGAの原因

AGAには、男性ホルモンが大きく関与していると言われています。男性ホルモンとして「テストステロン」があり、テストステロンが、血流にのり、毛根まで運ばれて行くことになります。
そこには、「5-α還元酵素(リダクターゼ)」という酵素があり、5-α還元酵素(リダクターゼ)が、テストステロンに作用し、ジヒドロテストステロン(DHT)」という強力な男性ホルモンを作り出すことになります。

ジヒドロテストステロン(DHT)によって、髪の毛が成長期に入るというのに、そのまま抜けてしまっても構わないという信号が送られてしまうことになります。
充分な栄養が毛乳頭・毛母細胞になかなか届かなくなってしまうことになります。

>AGAの原因についてもっと詳しく読んでみる

AGAの治療方法

AGA治療は、このようなメカニズムに働きかけていかなければなりません。「フィナステリド」〈プロペシア〉など医薬品が、最近とても評判ですが、それは、「5-αリダクターゼ」の働きを抑えるための医薬品です。
更に最近では、「HARG療法」や「メソセラピー」といった治療も注目を集めています。

それは、細胞の成長をうながす成長因子であるタンパク質などを頭皮に直接注入する方法です。
DHTの働きで弱り切った髪の毛に対して成長を促していきます。

>AGAの治療方法についてもっと詳しく読んでみる

AGA治療にかかる費用

クリニックでAGAの治療を受けるとき、例えば料金プランはこのような感じです。
初診費と再診費(診察と血圧測定、マイクロスコープ、頭部撮影)に対して5,000円(税別)かかり、処方されるプロペシア錠が、30錠(1ヶ月分)で、6,500円(税別)、90錠(3ヶ月分)で18,500円(税別)(MSD社製)です。
フィナステリド錠(ファイザー社製)の場合は、若干安くおさえることが出来ます。

>AGA治療にかかる費用についてもっと詳しく読んでみる

AGAの予防法や対策法

AGAはそもそも予防出来るものなのでしょうか。食生活の見直しからスタートしてみましょう。
男性ホルモンの働きを抑え、女性ホルモンと似た働きをする大豆製品を積極的に摂取しましょう。

あとビタミンE(かぼちゃやナッツ)、ビタミンC(みかん)、ビタミンA(レバー)、ビタミンB2(牛乳)、ビタミンB6(バナナ)などを積極的に摂取してください。

良い睡眠を取ることも大事なことです。頭皮の環境を整えるシャンプーにも意識をしなければなりません。

>AGA治療にかかる費用ついてもっと詳しく読んでみる

ページの先頭へ